下の歯が抜けている子供

postheadericon 歯医者選びが大切

歯医者の仕事は虫歯や歯周病などの病気を治療したり予防したりすることもそうですが、それ以外のこともあります。
審美歯科や矯正歯科の違いは矯正歯科が自分の歯を生かしてその配列を整えたりすることでかみ合わせの矯正ができたりします。
このような矯正をするのが矯正歯科です。
審美歯科しかは歯のホワイトニングなどで歯を白くしたりする見た目を改善することです。
歯を美しくするしたいと考える人は増えてきていて審美歯科の需要は高くなってきています。また矯正歯科も歯を美しくすることに繋がります。

白い歯を手に入れることで歯が見えた時の顔の印象が変わってくるのと同じで歯並びが良いと笑った時などの印象が変わってくるからです。
歯を美しくするといってもいろいろな方法があり、インプラントといって人口の歯を本来の歯の代わりに使うものやホワイトニングといって本来ある自分の歯を白くする治療など様々です。
ある程度費用がかかる場合もありますが、それでも需要が高まっているのはそれだけ費用はかかっても歯を美しくしたいと考えている人が多くいるのです。
需要が高まっていることで審美歯科や矯正歯科に力を入れている歯医者も増えています。
審美歯科や矯正歯科で歯を美しくしたいと思った時歯医者を選びが一番大切です。
費用のことを考えるのも大切ですが、まずは信頼できて施術をするなかでしっかり相談できて施術についてわかりやすく説明してくれる歯医者を選ぶのが良いでしょう。

海辺の子供

postheadericon 歯の重要性

歯医者には定期的に通い、虫歯などのお口のトラブルを未然に防ぐことも重要です。
また、歯医者の中には、一般的な虫歯治療の他にも、さまざまな治療を行うことができるところもあります。
そこで、治療の分野についていくつかご紹介しましょう。

まず、審美歯科です。美歯科とは、見た目の美しさを重視し、キレイな口元に仕上げるための治療のことを言います。
例えば、ホワイトニング治療は、審美歯科の中でも代表的な治療です。
歯にホワイトニング用のジェルを置くなどの方法で、歯を漂白し、白く仕上げる治療です。
また、インプラント治療も審美歯科の治療の1つです。
歯を根本から失った部分に、人口の歯根を埋入し、その上にセラミック製の歯を被せる治療です。

歯は、その人全体の印象にも大きく左右するため、審美歯科で行われる治療も大変重要なものだと言えるのです。
審美歯科と一見よく似ていますが、矯正歯科では、よくない噛み合わせや歯並びを専用の装置を使って時間をかけて矯正していきます。
審美歯科では、歯を削ったり、人工の歯を被せるなどの方法で短期的に見た目をよくすることが目的ですが、矯正歯科では、時間がかかっても、もとの歯を残す方法で行われます。
最近では、矯正歯科で使われる矯正装置も目立ちにくいものがありますので、矯正歯科での治療中も見た目を気にせずに済むようになりました。
皆さんも是非、お口の中の気になるところは、歯医者に通って早急に治療を受けましょう。

歯科医と患者

postheadericon 未成年について

審美歯科と矯正歯科を受ける際には、18歳未満の方は全て対象となりますが、診断書が必要になります。

審美歯科も、矯正歯科も見た目の美しさを取り戻すには時間がかかります。
歯医者さんにいる歯科医とよく相談し、根気よく続けていく事が求められる治療です。